ドッグフードに混ぜた薬を残す
防腐剤

ドッグフードに混ぜた薬を残す

人間さえも、薬を嫌い人はいます。
必要でなければできれば飲みたくないものがお薬です。
犬だって、薬を嫌がるのは当たり前です。
しかし、上手にお薬をのませるには、どういった方法があるのでしょうか。

犬が病気などになった場合や、病気の予防などで、薬を飲まなければならない時は、犬を飼ってくると出てきます。
犬もすんなり飲んでくれる場合もあれば、嫌がって飲んでくれない事もあります。
しかし、どうしても飲ませなければならないときは、どうしたらよいでしょうか。

ドッグフードにお薬を混ぜて食べさせるという方法があります。
そうすることで、食事と一緒に自然にお薬を飲んでくれて、助かります。
しかし、いつもと違う食事に、戸惑い残してしまう犬もいます。
お薬の味やにおいが受け付けずに、残してしまう場合もあります。
そんなときは、犬の好きな物に混ぜ込んであげるなどの工夫が必要です。
錠剤などは、潰して混ぜ込みます。
ただし、錠剤やカプセルを潰しても良いかどうかは、獣医師への確認が必要です。
潰してはいけない場合は、好物に埋め込みます。
埋め込んだものと、埋め込んでいないものを複数用意します。初めに薬の入っていないものを、与えて、もっと欲しそうにしたら、薬の入っているものをさりげなく与えるという方法があります。
また、おやつに混ぜ込むという方法もあります。

しかし、あまり無理強いすると、ドッグフードそのものに苦手意識が生まれて、ドッグフードすら受け付けなくなってしまう可能性があるので、やりすぎないように注意する必要があります。

犬にとっても、薬はおいしくないものです。
薬を嫌がって残すのは当たり前と言えます。
どうして飲んでくれないのだろうと悩んでも仕方がありません。
ドッグフードに混ぜる時には、形状を変えたり、だましだまし与えたり、工夫することが必要です。
こちらhttp://www.zenbaren.jp/poinnto.htmlサイトでドッグフードの与え方のポイントを知るのもいいでしょう。
病気を治すために必要な薬を工夫しても、どうしても残してしまう場合は、獣医師に相談してみても良いでしょう。